<   2014年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

京かんざしのふくさ寿司

小さな金時人参


「京かんざし」を使った


可愛いお寿司を紹介します。


b0162001_15452110.jpg



  京かんざしのふくさ寿司
  
(レシピ概要)

京かんざしを飾りと具材にし、彩り鮮やかなお寿司に。

お祝いやパーティーに花を添えます。

味付けは市販のちらし寿司の具で作るので意外と簡単。


(材料 8個分) (下準備)
京かんざし・4本 (塩を少し加えた熱湯で1分ほど茹で、水で冷やして水気を切る)
ちらし寿司の素(市販品2人分)・1袋
ご飯・500g(茶碗4杯弱)
<薄焼き卵(直径18cm)8枚分>
卵・4個 
片栗粉・小さじ2
水・大さじ1
サラダ油・適量
<調味液>
砂糖・小さじ2
薄口しょうゆ・小さじ1/2
水・小さじ3

【作り方】
(1)小鍋に<調味液>の材料を入れ、ひと煮立ちさせて火を止める。
(2)京かんざしは、葉のつけ根を5mm残して切り、長さ7cm、縦半分に切る。結び用の葉を8本と一緒に(1)に浸して味を付ける。(飾るときはキッチンペーパーで水気を切る)
(3)残った根と葉はみじん切りにしてボウルに入れ、ちらし寿司の素と混ぜる。
(4)(3)にご飯を加えて混ぜ合わせ、八等分にしてラップで包み、四角いおにぎりを8個作る。(縦7~8cm、横4~5cm)
(5))<薄焼き卵>を焼く。ボウルに片栗粉と水を入れて溶き、卵を加えてよく混ぜ合わせる。
(6)フライパンに薄くサラダ油を塗り、直径18cmほどになるよう、弱めの火で焦げ目がつかないように8枚焼く。
(7)薄焼き卵の中央に(4)をのせ、包んで裏返したら、根を中央にのせ、葉で結ぶ。
(レシピ・西村秋保)
[PR]
by akihos13 | 2014-12-24 15:46 | recipe